【MAP】HOME >> 製品紹介
製品紹介

  不織布とは、合成繊維の応用の一種であり、その製造工程は、プラスティック、化学工業、製紙及び紡織等の技術、原理を応用したものです。従って、平織、ニット等の伝統的な織物、編み物でない意味で「不織布」と言います。

  不織布は、原料投入後、直接原布を製造します。従って、プロセスが短く、大量生産が可能で、生産速度が速く、応用範囲が広い特徴があります。従って、ウェット ティシュ-、紙おむつ、カーテン、建築材料といったものから、航空機材料、宇宙素材、防弾チョッキ、土木資材などにまでその応用範囲は拡がります。

  不織布の製造方法には、Needle Punch法、 Thermal Bond法、Chemical Bond法、Spun Bond法、Melt Blow法、Spun Lace (Water Punch)法、Stitch Bond法等、様々であり、それぞれに応用範囲が異なり、中でもSpun Bond法は、応用範囲が広範囲であり、不織布の発展にとって重要な技術の一つであると言えます。

  国內における初期の不織布は、紙おむつおよび衛生材料等、付加価値の比較的低いものが主であるが、新麗企業はVFT、濾材等比較的高付加価値の製品開発に努めて来ました。

  新麗がポリエステル繊維を原料として、新しく開発したVFTは、優れた回復性、弾力性、通気性及び吸音性を有し、ビジネスチャンスの大きい断熱材、遮音材等の優れた基材や、各種の中入れ材としての応用が可能です。またインビスタとのアライアンスで、台湾及び上海では寝具関係の不織布業界には、大きな影響を及ぼしてきました。

  新麗企業は消費者視点に立ち、販売、ルート、価格を第一に考えて来ました。又、Consumer、Convenient、Cost、Communicationの4Cの考え方を進め、全世界で求められる製品を生産すると共に、消費者にとって便利ですぐに購入出来る製品を提供します。

Copyright © 新麗企業株式会社. All Rights Reserved.
ホームページ開設計画:新麗企業情報部 ホームページへのアクセス回数は合計1251769